ケアマネージャーになりたい!

ケアマネジャーとは、介護保険制度の中核を担う資格で、介護が必要とされる方に最適なケアプランを立てたり、サービスの手配をしたり、きちんとサービスが実行されているか、ケアの効果が出ているかのチェックまでを行うのが仕事です。


これから益々高齢社会を迎える日本において、ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、就職や転職はもちろん、結婚,出産後の再就職の際にも有利です。


ケアを必要としている人に対し、ケアマネジャーの数はまだまだ不足しています。介護分野に参入する企業も増えているので、有能なケアマネジャーの需要は益々高まっています。


ケアマネジャーの試験は、医療・福祉・保健分野の保有資格によって科目の免除があるので、医療関係や介護,福祉の仕している方にとっては取りやすい資格といえます。受験するには、実務経験が5年または10年以上必要です。


ケアマネジャーになるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、その後、各都道府県で実施される実務研修課程を修了する必要があります。


試験内容はマークシート方式で、論文や実技試験はありません。過去3年間の合格率は約30%です。

おすすめ通信教育講座のご案内

資格は取得したいけど、忙しいので効率よく勉強したい!」という方にぴったりなのが通信講座です。おすすめの通信講座をまとめてみましたので、お急ぎの方は無料の資料請求を行って検討されると良いでしょう!

ケアマネージャー 通信講座ランキング No.1 ユーキャン

Point 1 高い合格実績(H19合格者の4人に1人はユーキャン受講生)
Point 2 イラストや図解が豊富な分かりやすいテキスト!
Point 3 ノウハウ濃縮の過去問「でるケアBest200」付き!

    公式サイト→ ユーキャンのケアマネジャー講座