Top >  仕事の役割と実務 >  プランとサービス満足度

プランとサービス満足度

ケアマネージャーの主な仕事内容に、要介護(要支援)と認定された方やその家族の状況にあったケアプラン(介護サービス計画)の作成があります。


要介護度は『要支援』から始まり『要介護1』『要介護2』『要介護3』『要介護4』『要介護5』と6つの段階に分かれています。


段階によって介護保険の支給額も変わってきます。ケアマネージャーは、その段階と要介護認定を受けた本人や家族の希望を照らし合わせて、いつどのようなサービスをどのくらいの時間必要か、何曜日の何時にどの業者からサービスを受けるかなどを適切に判断し、ケアプランを作成していきます。


ケアプランを作成するにあたっては、要介護認定を受けた本人と面談するだけではなく、家族の方とも会って生活面や心身面など様々な課題を把握していかなくてはなりません。


利用者や家族のプライバシーに関わることはもちろん、介護業者とも連携を取らなくてはならないため、ケアマネージャーには思いやりや人としての信頼関係を築くことのできる力が求められます。


また、ケアプランが完成しサービスが開始された後も、ケアマネージャーはサービスの満足度(内容や量)の評価を行う必要があります。


これをモニタリングといいます。モニタリングの結果次第では、課題を再度分析してケアプランの変更することもあります。


このように、介護サービスの提供はケアマネージャーが作成したケアプランに基づいて行われるので、介護保険制度の中でケアマネージャーの役割は非常に重要なものです。

おすすめ通信教育講座のご案内

資格は取得したいけど、忙しいので効率よく勉強したい!」という方にぴったりなのが通信講座です。おすすめの通信講座をまとめてみましたので、お急ぎの方は無料の資料請求を行って検討されると良いでしょう!

ケアマネージャー 通信講座ランキング No.1 ユーキャン

Point 1 高い合格実績(H19合格者の4人に1人はユーキャン受講生)
Point 2 イラストや図解が豊富な分かりやすいテキスト!
Point 3 ノウハウ濃縮の過去問「でるケアBest200」付き!

    公式サイト→ ユーキャンのケアマネジャー講座

仕事の役割と実務

関連エントリー

ケアマネージャーの仕事と役割  /   プランとサービス満足度  /   居宅・在宅支援介護とは  /   主任ケアマネージャーとは  /