Top >  仕事の役割と実務 >  居宅・在宅支援介護とは

居宅・在宅支援介護とは

ケアマネージャーが働く職場は色々ありますが、その中でも最も多く働いているのが、居宅介護支援事業所です。


居宅介護支援事業者とは、ケアマネジメント(居宅介護支援)を行う事業者のことで、一般的に訪問(通所)介護や訪問看護などのサービスを兼ねているところがほとんどです。


居宅介護支援事業所では、利用者50名につき1名ケアマネージャーを配置することが義務付けられていて、そのうち1名を管理者とすることが定められています。


また、常勤のケアマネージャーを1名以上配置することも定められています。


居宅介護支援事業所のケアマネージャーの主な仕事内容は、要介護認定のための訪問調査・課題の分析とケアプランの作成・サービスの提供・モニタリング・給付管理業務などです。


ケアマネージャーは、介護サービスを必要としている方ができる限り自立した日常生活が送れるように心掛けます。


また、家族の方の在宅介護の負担を軽減することができるように最適なケアプランを作成し、そのケアプランに沿ってサービス提供事業者との連絡調整を行います。


常に利用者の状況を把握しながらニーズに応えられるよう、信頼関係を築いていくことが大切です。

おすすめ通信教育講座のご案内

資格は取得したいけど、忙しいので効率よく勉強したい!」という方にぴったりなのが通信講座です。おすすめの通信講座をまとめてみましたので、お急ぎの方は無料の資料請求を行って検討されると良いでしょう!

ケアマネージャー 通信講座ランキング No.1 ユーキャン

Point 1 高い合格実績(H19合格者の4人に1人はユーキャン受講生)
Point 2 イラストや図解が豊富な分かりやすいテキスト!
Point 3 ノウハウ濃縮の過去問「でるケアBest200」付き!

    公式サイト→ ユーキャンのケアマネジャー講座

仕事の役割と実務

関連エントリー

ケアマネージャーの仕事と役割  /   プランとサービス満足度  /   居宅・在宅支援介護とは  /   主任ケアマネージャーとは  /